空き家バンクとは

古民家の有効活用

古民家の有効活用

運営方法や細かな仕組は自治体によって異なりますが、一言でいうと空き家の所有者と利用希望者をマッチングさせる制度です。 空き家バンクとは、一般的に空き家の売却又は賃貸を希望する所有者から申込みを受けて登録した空き家の情報を、市内への移住及び定住等を目的として、空き家の利用を希望する方に空き家の情報提供を行うものです。 自治体の目的は、地元の空き家を活用することでI・Uターン者の移住を促進すること。 人口減に悩む地方自治体にとって、空き家問題の解消と外部からの移住による人口増で地域の活性化が期待できる制度といえます。